「水」に関わる各種工法を通じ、
快適で環境にやさしいライフラインの整備に貢献します。

杉江建設工業株式会社

アンクルモール工法

軟弱地盤や砂質土層に最適な、中小口径推進専門の工法です。

アンクルモール工法は、中小口径推進工事の難点とされる滞水砂礫層あるいは N 値 50 以上の固結土層を対象として開発されましたが、 泥水加圧シールド工法の利点を応用していますので、軟弱地盤や崩壊性の砂層などでは、さらに効率的な掘進ができます。

アンクルモール工法写真

アンクルモール工法の特徴

特徴1

掘進機、元押装置、流体輸送設備等をシステム化した、ワンマン・リモート・コントロールで推進する泥水式推進工法です。また、操作盤に映る掘進機の位置を確認しながら操作する為、非常に高い施工精度が得られます。

特徴2

掘削機、流体輸送、泥水処理設備を省力化。立坑やヤードが小さくてすみます。

アンクルモール工法の種類

種類1

アンクルモールスーパーは、アンクルモール工法では適応できない岩盤、玉石層にも適応可能とした全地質対応型です。

種類2

アンクルモールエルは長距離、急曲線施工が可能です。

種類3

アンクルモールミニは半管を利用することにより 2.0m (呼び径 200〜300 )、 2.5m (呼び径 350〜500 ) および 3.0m (呼び径 600〜700 )の小型の円形発進立坑から推進を可能にした工法です。

種類4

アンクルモール V は、アンクルモールの長所を生かしつつ、低耐荷力方式により呼び径 200〜300 の硬質塩ビ管の推進を行う工法です。 1m 管使用の場合は推進機を分割して発進することにより、直径 2m の円形発進立坑による推進が可能です。

施工例

坑外設備全景
掘進機据付完了
遠隔操作状況

ページの先頭へ
COPYRIGHT (C)2006  SUGIE KENSETSU KOGYO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.