「水」に関わる各種工法を通じ、
快適で環境にやさしいライフラインの整備に貢献します。

杉江建設工業株式会社

スピーダー工法

小さな立坑からの高精度推進を可能に。幅広い土質に対応して、工事スピードをアップ。

幅広い土質への対応を可能にして、さらにコンパクトなサイズを実現。下水道工事に関わる厳しい条件の中で特にチカラを発揮します。また、優れた推進精度や省力化も同時に実現しました。

スピーダー工法写真

スピーダー工法の特徴

特徴1

小さな立坑から発進可能

特徴2

軽量・コンパクト
クレーン付4tトラック1台で必要部材一式が搬入搬出可能

特徴3

適応管種・口径
VP、VM、塩ビ管 φ150〜φ350mm×800L
鋼管(SGP) φ150〜φ350mm×800L

特徴4

幅広い土質対応 
軟弱土、粘性土、砂質土、礫混じり砂質土、硬質土
N値 0<N≦40

特徴5

最大推進距離 MAX70m(土質条件による)

特徴6

呼び径 1500〜2000 の円形立坑に対応できます。

施工プロセス


01. 測量工

02. 機械据付工・鏡切工
03. スピーダーヘッド接続
04. リード管推進工
05. カッター・スクリュー・埋設管接続
06. 埋設管推進およびリード管回収
07. スクリュー類撤去および管内クリーニング
08. 機械撤去・清掃工
ページの先頭へ
COPYRIGHT (C)2006  SUGIE KENSETSU KOGYO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.