「水」に関わる各種工法を通じ、
快適で環境にやさしいライフラインの整備に貢献します。

杉江建設工業株式会社

大中口径推進工事(セミシールド工法)

土質に合わせて最適な工法が選択可能。長距離推進をも実現しました。

推進工法は、従来から幹線道路、軌道、河川などの横断工事が主でしたが、開削が不可能な場合や交通の支障となる場所についても行われてきております。また、土質に応じて、長距離推進が可能であり、様々なケースで採用されております。

管の先端に掘削機を装備し、掘削機の掘進分につき、立坑に設備したジャッキによって管を地山に推進する工法をいいます。推進用鉄筋コンクリート管を用いた呼び径 800mm から 3000mm の推進工事に多く用いられます。

セミシールド工法写真

セミシールドの種類

泥水式

泥水式 推進工法

この工法は、切羽との間に隔壁を設け、その切羽側に泥水を満たし、自然水圧により高い水圧とマッドフィルムの作用により切羽の自立を保ちながら掘削し、 土砂は泥水と共にパイプで泥水処理設備に導き、土砂と水分を分離する。分離された微粒子の含まれた泥水を切羽に送り循環使用する。

 

施工場所 刈谷市熊野町
施工内容 φ2,600 延長 240.3m

施工場所 碧南市伏見町
施工内容 φ1,500 延長 875.5m

施工場所 西尾市一色町
施工内容 φ1,000 延長 471.5m

泥濃式

泥濃式 推進工法

推進機前面のカッター後方に隔壁を設け、切羽と隔壁間のカッターチャンバ内に高濃度の泥水を圧送充満し切羽の安定を図りながら、カッターを回転させ掘削推進を行う。

掘削した土砂は高濃度泥水と攪拌混合し流動化させ、掘削機内の排土バルブを開閉することにより、切羽を安定させながら間欠的に排土する。大気圧下に排土された掘削土砂は、搬送可能な大きさに選別し、真空力により搬出する。なお、真空吸引不可能な大きな礫は坑内をトロバケットにより搬出する。

坑外に搬出された掘削土砂は、排土貯留槽をへてバキューム車により直接運搬処分する。または、固化処理後ダンプトラックにより運搬処分する。

 

施工場所 豊川市一宮町
施工内容 φ2,000 延長 168.5m

施工場所 岡崎市福岡町
施工内容 φ800 延長 570.1m

施工場所 安城市根崎町
施工内容 φ800 延長 747m

土圧式

土圧式 推進工法

土圧式推進工法は、掘削土の状態により、土圧推進工法と泥土圧推進工法に分類される。

(1) 土圧推進工法

土圧推進工法は、回転カッターヘッドで掘削した土砂を切羽と隔壁間のカッターチャンバ内に充満させ推進力により加圧し、その削土圧を切羽全体に作用させて切羽の安定を図りながらスクリューコンベヤ等で排土する推進工法である。

適用土質は、シルト・粘土の含有率 30 %以上の土質である。

(2) 泥土圧推進工法

泥土圧推進工法は、掘削土砂の塑性流動化を促進させる添加材を注入しながら回転カッターヘッドで掘削した土砂を攪拌して、切羽と隔壁間のカッターチャンバ内に充満させ推進力により加圧し、その泥土圧を切羽全体に作用させて切羽の安定を図りながらスクリューコンベヤ等で排土する推進工法である。

適用土質は、シルト・粘土の含有率 30 %未満の砂質土、礫混り土、砂礫土および玉石層である。

施工場所 半田市新居町
施工内容 φ2,000 延長 294.7m

施工場所 額田郡幸田町
施工内容 φ1,100 延長 104.3m

施工場所 岡崎市八帖町及び板屋町
施工内容 φ800 延長 159.7m

ページの先頭へ
COPYRIGHT (C)2006  SUGIE KENSETSU KOGYO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.